LINEで送る
Pocket

 

 

 

お金使ってますか?

それともなかなか使えず

貯めてますか?

 

 

 

金は天下の回り者。

実は使えば使うほど

お金が循環し、

自分のところに返ってくるんです。

不思議ですよね。

 

 

 

でも人によっては

「お金を使うこと自体に

罪悪感を感じる」という人も

いると思います。

管理人もその一人でした。

 

 

 

そこで今回は

「お金を使うことに対して

何故罪悪感が出てくるのか」について、

管理人の体験も含めて

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

お金を使う罪悪感はどこからくるのか、その理由と罪悪感を乗り越える方法

罪悪感を感じる理由はここにある

 

 

管理人はお金を使えない、

罪悪感を感じる、という感覚が

幼い頃からずっとあります

 

 

 

お金を使うことは悪いこと、

節約して貯めることが

一番いいこと、

そのためには

クタクタになるまで働いて、

好きなものも我慢する…

それが正義だ、と

思いこんでいました。

 

 

 

 

何故ここまで思いこんでしまったのか、

それは親からの言いつけだったからです。

 

 

 

 

以前の記事でもお話していますが、

管理人は片親家庭で育っており、

親は仕事の疲れからか

よく機嫌が悪くなって、

管理人を家から追い出したり、

食事を出さなかったりと

機嫌をとっていないと

普通の生活も難しい状況でした。

 

 

 

罪悪感は親に植え付けられていた!?あなたを縛る罪悪感の正体とは

 

 

 

 

そんな機嫌をとらないと

生活できない環境だったため、

親のいうことは

絶対に聞いていなくてはなりませんでした。

 

 

 

宿題は遊びに行く前にすませろ、

えんぴつは朝削っちゃだめ、

などなど・・・

今思うと

「なんだこのくだらないルールは(笑)」と

鼻で笑いたくなるようなモノばかりです。

 

 

 

そんな親はよく

「無駄遣いはダメ、

そんなことに使うなんて価値がない、

一生懸命働いて

お金を貯めることが一番。」

口癖のように言っていました。

 

 

 

この幼いころにいわれ続けた言葉が

大人になっても残り続け、

お金を使うときにふと

「こんなことにお金を使うなんて、

悪いことだ!」と

罪悪感を感じてしまうようになったのです。

 

 

 

また同時に

「こんな無駄遣いをした自分は

親に認められない」と

自分を責めてしまうんです。

 

 

 

意外と

幼いころに植え付けられた価値観って

大人になっても残ってるんです。

そのせいで

生きづらくなってしまうことがよくあります。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

お金を使う罪悪感はどこからくるのか、その理由と罪悪感を乗り越える方法

どうやってこの罪悪感をのりこえればいい?

 

 

 

では常に付きまとうこの罪悪感を

どう乗り越えればいいのか。

管理人が実践した方法は

以下の3つです。

 

 

 

・幼いころの価値観は古い価値観、これを捨てる

・自分を許す

・「ありがとう」という気持ちを忘れない

 

 

 

「幼いころの価値観は古い価値観、これを捨てる」

 

親にいわれ続けてきた

「無駄遣いはダメ、

そんなことに使うなんて価値がない、

一生懸命働いて

お金を貯めることが一番。」という価値観は、

普段の自分の生活を縛り付け

苦しくなるばかりでした。

 

 

 

そこで考えました。

「何故この価値観に

縛られているんだろう?」と。

それは自分の生活を守るためでした。

 

 

 

前述したとおり、

親は機嫌が悪くなると

家から追い出したり

食事を抜きにしたりしていました。

そんな中、

最低限の生活を守るためにも

親の機嫌を損ねては

いけなかったんです。

幼いなりに

一生懸命考えて生きるために

行動していたんです。

 

 

 

ですが、

今は独り立ちし、

働きにも出ています。

誰の機嫌もとる必要はありません。

 

 

 

それに気づいたとき

自分がいかに親に与えられた

価値観に縛られていたかが

よくわかりました。

 

 

 

 

そこから少しずつ、

今まで当たり前だったことを

疑うようにして、

自分の価値観を

見つけるように心がけています。

 

 

 

親の価値観で

お金を使うのではなく、

自分が「良い!」「大好き!」と

思うモノにつかう。

こうするようになってから

罪悪感はほぼ感じなくなってきました。

 

 

 

「自分を認める」

 

お金を使うたび「こんな自分はだめだ!」と

自分をせめていました。

 

 

 

でも、もう責めるのをやめました。

 

 

 

すでに自立して

一人暮らしをしているのですから

誰にも縛られる必要はないはずです。

 

 

 

そこで、

「もう自立してるんだから

親の価値観に縛られなくてよし、

自分の好きに生きてよし」と

自分を認めることにしました。

また、

「好きなことに投資する自分もOK、

お金を使っても大丈夫!」と

許ようにしています。

 

 

 

「「ありがとう」という気持ちを忘れない」

 

買い物をするときは、

「物を作ってくれた人、

運んでくれた人、

販売してくれた人、

その物に関わったすべての人に対する

感謝の意味を込めて

お金で支払いをする」

考えるようにしました。

ありがとうという気持ちを

忘れないよう心がけています。

 

 

 

この3つの方法を

実践することにより、

少しずつですが

罪悪感は消えていきました。

また自分の好きだと思うことに

遠慮なく使うようになったので

日々の生活も楽しくなってきています。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

お金を使う罪悪感はどこからくるのか、その理由と罪悪感を乗り越える方法

まとめ:罪悪感を感じるときはその理由を掘り下げてみよう!

 

 

 

何かに対して

罪悪感を感じる・・

そんなときは

その理由を掘り下げてみてください。

 

 

 

そうすると、

罪悪感を感じる

理由が見えて

「どうすれば

この考えから解放されるのか」、

道筋が見えてきます。

 

 

 

ちょっと精神的に

厳しいものも

ありますが、

自分を知るいい機会になりますし、

楽に生きることができるように

なります。

 

 

 

このストレス社会、

少しでも楽に生きれるように

工夫していきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です