LINEで送る
Pocket

 

 

 

「あの時ああしていればよかった」、

「あんなこと言わなければよかった」。

 

 

 

人間、生きていると

後悔することって

たくさんありますよね。

 

 

 

管理人もしょっちゅう後悔しては

それをひきずって

落ち込んでいます。

 

 

 

しかし、

この後悔を

いつまでも引きずっていると

日常生活にも支障が出ますし、

注意力も下がり、

さらなる後悔を

おびき寄せてしまうのです。

 

 

 

今回は、

後悔をひきずらない、

前に進むための5つの方法

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

後悔は引きずらず前に進む!後悔で前に進めないときに試す5つの方法

そもそも後悔とは?

 

 

後悔とはこのようなことを

意味しています。

 

 

 

[名](スル)自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。「短い快楽に永い後悔」「今さら後悔しても始まらない」

出典:コトバンク

 

 

 

すでにご存じな

言葉の意味かと思います。

 

 

 

自分がしてしまったことを

数時間、数日たってから

思い出し、悔やむ。

 

 

 

「失敗してしまったな・・」と

悔やむ・・。

 

 

 

誰しも体験することだと

思います。

 

 

 

話が少し反れますが、

社会生活の中だけでなく

ゲームでも

同じようなことはありますよね。

 

 

 

「あの時HP攻撃を当てられていたら・・」

「あそこで相手の技をカットできたら・・」

などなど・・・

 

 

 

DFFACをプレイした際、

うまく立ち回れず、

味方に負担をかけてしまって

後悔することがよくあります。

 

 

 

そんないろんなところで

発生するこの「後悔」。

 

 

 

いったいどうやって

この後悔から

前に進めばいいのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

後悔は引きずらず前に進む!後悔で前に進めないときに試す5つの方法

後悔をしたときに実践する5つの方法

 

 

 

 

 

では、この後悔を引きずらず、

前に進むためにはどうすればいいのか?

その方法を5つご紹介します。

 

 

 

1・紙に書きだす

 

後悔していることを

吐き出す方法です。

それが

紙に書きだす方法。

 

 

 

頭の中で

ぐるぐると考えているだけだと

いつまでも同じことが

頭の中で回ってしまい、

結局苦しくなってしまいがち・・

 

 

 

ですので、

その頭の中にあるものを

すべて吐き出してしまいましょう。

 

 

 

言い方を変えれば

デトックス」です。

 

 

 

これをすることによって

頭の中がクリアになり

前に進む元気が

湧いてきます。

 

 

 

2・終わったことは仕方ない!と考える

 

考え方を切り替えてしまう

方法です。

 

 

 

後悔していることは

すでに過去になり

どうにも修正できないもの・・

すでに

終わってしまったもの・・・

 

 

 

どう頑張っても

過去は変えられません。

 

 

 

なので

「もう仕方ない」と

思ってしまいましょう。

 

 

 

そして、

自分の力でどうとでもできる

現在と未来に注意を向けて

いきましょう。

 

 

 

3・やり直せるならすぐに行動

 

もし、後悔してしまうことを

やってしまった場合、

すぐに修正できるのなら

行動しましょう。

 

 

 

例えば、

友人とケンカして

言いすぎてしまった・・・

 

 

 

こんな時は

すぐに友人に連絡し、

謝ることができるはずです。

 

 

 

もしすぐに

行動できるなら

すぐ動きましょう。

 

 

 

そうすれば、

後からでてくる後悔の

濃度が薄くなります。

 

 

 

 

4・まったく関係ないことをやる

 

後悔してしまい、

そのことばかり考えてしまうようなら、

まったく関係のないことをやって、

一旦後悔から離れましょう。

 

 

 

趣味に没頭するもよし、

家事に専念するもよし・・

 

 

 

一旦離れることによって

クールダウンし、

頭がすっきりして

前に進む力が湧いてきます。

 

 

 

5・反省をする

 

上記の4つを試しても

なかなか後悔の念が

消えない場合は、

もう真正面から立ち向かって

反省していきましょう。

 

 

 

その時は、

やらかしてしまったことばかり

考えず、

「このときこうすればよかった」、

「ああすればよかった」と

改善点を見つけていきましょう。

 

 

 

そして、反省が完了したら、

「次は同じことをしない!」と

強く決心して、前に進みましょう!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

後悔は引きずらず前に進む!後悔で前に進めないときに試す5つの方法

まとめ:後悔は誰にでも起こる。そんなときの対処法が大切。

 

 

 

 

生きていれば、

後悔の一つや二つ・・

起こりますよね。

 

 

 

でも

1つ1つの出来事で

ひどく後悔していては

心も体も疲れ切ってしまいます。

 

 

 

そんなときこそ

ご紹介した5つの方法を

実践してみてください。

 

 

 

後悔に縛られてばかりでは

厳しいです。

ある程度開き直って、

楽にいきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です