LINEで送る
Pocket

 

 

 

仏花として有名な菊の花。

 

 

お彼岸やお盆の時期になると、

コンビニでも

仏花が置かれていて、

菊の花を目にすることが

多いですよね。

 

 

 

また、

通年でお花屋さんでも

菊の花を目にすることが

多いと思います。

 

 

 

絵を描くことが

大好きな管理人は、

時々様々な花の絵を

描くことがあります。

 

 

 

最近では

菊の花のイラストが

素敵だなと思い、

自分も書いてみたい、と

思いました。

今練習をしているところです。

 

 

 

そんな時に、

ふと菊の花の花言葉について

気になってしまいました。

 

 

 

そこで今回は、

管理人が興味を持って調べた

菊の花の花言葉について

ご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

仏花として有名な菊の花。その花言葉が意味するものとは?

菊の花の花言葉とは?

 

 

 

菊の花の花言葉は

菊という花全般を表す花言葉と、

色によって花言葉が

変わってきます

ここでは

代表的な色の花言葉を紹介します。

 

 

 

 

 

 

菊の花全般の花言葉:高貴・高潔・高尚

 

赤い菊の花:あなたを愛しています、愛情

白い菊の花:真実

黄色い菊の花:破れた恋

 

 

 

仏花のイメージが強い

菊の花ですが、

花言葉には

相手を愛する気持ちが

込められています。

ちょっと意外ですよね。

 

 

または菊の花の花言葉は、

菊の花の見た目が

凛としており

高潔なイメージを与える為

この様な花言葉が付いたそうです。

 

 

 

菊の花の花名の由来は

「窮まる

(極限に達する。

限度に行きつく)」

語源になっています。

 

 

 

また菊には

「一年の最後に咲く花」と言う

意味があります。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

仏花として有名な菊の花。その花言葉が意味するものとは?

菊の花の活躍の場所は?

 

 

菊の花と言うと

やはりお盆などの

仏花としてのイメージが

強いのですが、

着物や家紋などにも

よく使われていることを

ご存知でしょうか。

 

 

着物の柄や、

その家を表す家紋などに

菊の花はよく使われています。

 

 

 

例えば紋章。

花を中心に

図案化したものを言います。

 

 

 

菊の花が使われているものは

菊家紋章と呼ばれています。

 

 

 

菊の花は、

着物の柄にも

よく使われていますし、

和柄のデザインの

商品の中にも

よく登場します。

 

 

 

このように、

いろんなところで

菊の花は

目にすることができるんですね。

 

 

 

菊の花のシーズンは

秋で、

9月から11月の間が

最も良いシーズンです。

 

 

 

お花と言うと

お見舞いやお祝いなどに

持っていくことがあるかと思いますが、

菊の花はお見舞いには

NGとされています。

 

 

 

やはり仏花や

献花として使われているものなので

お見舞いには

持って行かない様にしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

仏花として有名な菊の花。その花言葉が意味するものとは?

まとめ:気になるお花の花言葉、ぜひ調べてみて!

 

 

 

今回

ちょっと気になって調べた

菊の花の花言葉でしたが、

正直なところ意外でした。

 

 

 

愛情や恋などの

言葉が付けられているとは

思ってもみなかったのです。

 

 

 

どちらかと言うと、

別れの言葉が

付けられているのかなと

思いましたが、

イメージが変わりました。

やはり

調べてみないと

分からない事って多いですよね。

 

 

 

また

調べてみることによって

そのもののイメージと言うものが

ガラッと変わります。

この変わる瞬間と言うのは

意外と楽しいんですよね!

 

 

 

現在

スマートフォンのアプリには

たくさんの花言葉を調べられる

アプリがあります。

 

 

 

またインターネットで調べれば、

すぐに情報が出てくるので

気になる花言葉があったら

ぜひ調べてみてください。

意外な発見がありますよ!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です