LINEで送る
Pocket

 

 

 

敏感で繊細な神経をもっている

HSP(Highly sensitive person)。

 

 

 

その性質、HSPかも?敏感過ぎて生きづらいHSPの特徴とは

 

 

 

ビクビクしてちょっとしたことでパニックになる、HSPの特徴とは

 

 

 

急に話しかけられるとびっくり仰天!驚きやすい敏感なHSPの特徴とは

 

 

 

管理人もHSPのため、

ここでは

HSPの人が少しでも

生きやすくなるよう

ちょっとした

ポイントを

ご紹介しています。

 

 

 

HSPの方は

常に敏感に周りの空気や

雰囲気を察しているので

常に疲れやすい状態にあります。

 

 

 

その原因が

脳のオーバーヒートにある、

とのことなんです。

 

 

 

 

今回は

HSPの脳のオーバーヒートについて

ご紹介します!

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

敏感すぎて脳がフル稼働してしまう・・・HSPがオーバーヒートしてしまう理由とは!?

脳がオーバーヒートってどういうこと?

 

 

 

そもそも

脳がオーバーヒートするって

どういう状態なのか。

 

 

 

敏感な神経を持っているHSPは

周りの刺激に

とっても敏感。

 

 

 

ちょっとした物音、

匂い、人の気配・・・

いろんなものに

反応します。

 

 

 

よく言われることなのですが

このように神経が敏感なため

体中が常にフル稼働で

動いている状態になります。

 

 

 

また、

敏感に感じる、ということは

耳や肌、目から取り込まれた情報を

脳が処理をして

感じています。

 

 

 

この脳が常に処理をして

物音や人の気配など

敏感に感じるため、

脳も常にフル稼働している状態なんです。

 

 

 

休みなくマラソンしている状態のため、

オーバーヒートしやすく

なるんです。

 

 

 

オーバーヒートすると

体が休息を求めるため

眠気やそのほかの体調不良の症状が

出てきてくるようになります。

 

 

 

このように

敏感な性質が

どうしても脳の処理を

行ってしまうため、

疲れやすさも出てきやすく

なります。

 

 

 

 

管理人も

脳がオーバーヒートすると

めまいや頭痛、吐き気などの

体調不良が出てきます。

 

 

 

主に人の多い場所に行ったりすると

周りの人の動きや気配、

また余計な情報(表情や目線)まで

感じてしまうため、

めっっちゃくちゃ疲れます・・

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

敏感すぎて脳がフル稼働してしまう・・・HSPがオーバーヒートしてしまう理由とは!?

脳のオーバーヒートを少しでも回避するためには!?

 

 

 

HSPは

神経が敏感なため

脳での処理がどうしても多くなります。

 

 

 

ただ脳も処理を続けていると

オーバーヒートしてしまい

休まざるを得ない状況になってしまいます。

 

 

 

ではどうすれば

オーバーヒートを少しでも

軽減できるのか・・・

 

 

 

管理人も実践している

3つのポイントをご紹介します!

 

 

 

<1・周りの雑音は音楽で遮断>

外を歩く時、

電車に乗っている時・・

 

 

 

周りの音が

煩わしく感じることが

ありますよね。

 

 

 

これだけでも

脳はかなりの情報処理を

しています。

 

 

 

この煩わしさを軽減するためにも

自分の大好きな音楽を

聴くようにしましょう。

 

 

 

イヤホンやヘッドフォンを

するだけでも

周りの音の遮断になりますし、

好きな音楽をかけることによって

気分もよくなってきます。

 

 

 

職場で音楽きけないよ・・、という場合は

耳栓を使いましょう。

 

 

 

管理人も職場では

耳栓を使用し

周りの音をなるべく遮断しています。

 

 

 

遮断することによって

集中力も上がるし、

無駄に周りの音に

振り回されないので

かなり快適です!

 

 

 

 

<2・目を閉じて深呼吸>

目からは本当に

様々な情報が入ってきます。

 

 

 

人の顔を見るだけで

その人が不機嫌なのか

ご機嫌なのか・・・

外の風景をみるだけで

雨が降りそうなのか

暖かいのか・・

 

 

 

いろんな情報が入ってくるので

いやでも脳が

情報処理を行います。

 

 

 

敏感なHSPは

細やかに情報処理するため

処理の行程が非常に多いのも特徴。

 

 

 

当然、

オーバーヒートを招きやすく

疲れやすさを助長します。

 

 

 

ですので

定期的に目を閉じましょう。

そして深呼吸。

 

 

 

視覚からの情報を

シャットダウンすることで

情報処理が少なくなるので

脳をクールダウンすることができます。

 

 

 

また、

深呼吸をすることによって

気持ちをリセットすることができます。

 

 

 

仕事で疲れてきたり、

出かけててちょっと疲れてきたら

休憩して目を閉じてみましょう。

スッキリするはずです。

 

 

 

<3・周りの人に敏感であることを伝えておく>

これが一番勇気がいることですね。

 

 

 

職場や学校、

日々お付き合いがある方に

自分が敏感であることを

公開してしまうんです。

 

 

 

恥ずかしいと思います、

伝える時

めちゃくちゃ

緊張すると思います。

 

 

 

でも公開しておけば

よほど意地悪な人でなければ

気を使って声をかけたり、

仕事を持って来たり、

静かな場所で食事をしたり・・

 

 

 

随分と過ごしやすくなります。

 

 

 

何よりHSPは

自分よりも相手を

優先にしがち・・

自分の要望を

叶えるように行動するのは

かなり勇気がいることです。

 

 

 

ですが、

相手も自分も

気持ちよく過ごせることが

何よりいいことです。

 

 

 

勇気を出して

公開してみましょう。

 

 

 

そうすると無駄な緊張もなくなり

脳の処理も軽減され

オーバーヒートも少なくなりますよ!

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

敏感すぎて脳がフル稼働してしまう・・・HSPがオーバーヒートしてしまう理由とは!?

まとめ:脳の処理を少なくして楽に生きよう!

 

 

 

HSPが疲れやすいのが

脳の情報処理が多いからと知って

管理人は本当に驚きました。

 

 

 

これを知ったことによって

対策をとることができるようになり

少し楽に生きられるようになりました。

 

 

 

敏感すぎて生きづらさを感じている

みなさん、

ぜひこの方法を実践して

少しでも楽に

生きていただければ幸いです!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です