LINEで送る
Pocket

 

 

 

敏感で繊細な神経を持っている

HSP、Highly sensitive person。

 

 

 

管理人もHSPのため

このブログでは

HSPの特徴と

少しでも生きやすくなるコツを

管理人の実体験を元に

ご紹介しています。

 

その性質、HSPかも?敏感過ぎて生きづらいHSPの特徴とは

 

 

ビクビクしてちょっとしたことでパニックになる、HSPの特徴とは

 

 

敏感なHSPが感じやすい「親に支配されている」から逃れる方法とは

 

 

急に話しかけられるとびっくり仰天!驚きやすい敏感なHSPの特徴とは

 

 

今回は人混み、

例えばショッピングモールや

映画館、

人通りの多い駅などが

苦手・・・という点について

ご紹介したいと思います!
 

スポンサーリンク



 

 

 

HSPの特徴:人混みの中にいるととても疲れやすい

人が多いほど受ける刺激が多い=刺激が多いほど疲れてしまう

 

 

 

どうして人混みにいくと

疲れやすいのか。

 

 

 

それは

たくさんの刺激を

受け取ってしまうからです。

 

 

 

HSPは敏感なため

ちょっとした刺激、

例えば匂いや音、空気、

混雑による人との接触など

こういった刺激の影響を

受けやすいのです。

 

 

 

また、その繊細な神経から

受けた刺激を

脳が丁寧に処理して

どんな刺激なのか

判断しているんです。

脳が常にフル稼働で

動いてしまっているんですね・・

 

 

 

人混みの中にいると

この刺激が多く、

脳の処理も多くなるため

刺激を受けて

ぐったりと

疲れてしまうのです。

 

 

 

管理人も

休日にゲームセンターに行くと

ぐっっったりです(笑)

 

 

 

ゲームセンターへの

道のりも

たっっくさんの人がいて、

話し声や物音、

電車の中のにおい・・・

そういった刺激が多くて

疲れちゃいます・・・。

 

 

 

なので予定を変更して

早めに切り上げることは

よくあります。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

HSPの特徴:人混みの中にいるととても疲れやすい

まとめ:人が多いところに行くときは自分なりのお守りを持って行こう

 

 

 

ではこんな刺激だらけの場所に行くとき、

どうすればいいのか?

 

 

 

そういう時は

自分なりのお守りを持って行くことを

おすすめします。

 

 

 

お守りと言っても

神社で販売しているようなものではなく、

アクセサリーや帽子、

コート、キーホルダーなどでもOK。

 

 

 

これがあれば安心、というものを

持って行きましょう。

 

 

 

このお守りがあるだけで

精神的なバリアができて

たくさんの刺激から

自分を守ることができます。

 

 

 

 

管理人は

常にピカチュウを連れて

歩いています。

 

 

 

ちょっと疲れたときは

ピカチュウに触って

もふもふ・・・

ほっとしています!

 

 

 

ぜひ試してみてください!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です