LINEで送る
Pocket

 

 

 

敏感で繊細な神経を持っている

HSP、Highly sensitive person。

 

 

 

管理人もHSPのため

ここではHSPの特徴や

生きやすくなる方法を

ご紹介しています。

 

 

 

無理して頑張りすぎていつもぐったり!慢性疲労から抜け出す3つの方法

 

いつも自分を責めてしまう・・HSPの思考の癖を改善する3つの方法

 

誰かと一緒にいるよりも一人でいることが好きなHSPの特徴とは?

 

 

今回は

上手く物事が進まないのは

自分のせいだ・・・と

自己否定に陥ってしまうことについて

書いていきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

HSPの特徴:うまくいかないのは自分のせいだと思い込む

繊細だからこそ、ちょっとしたことで落ち込んでしまう

 

 

 

HSPの人は

その敏感さと

繊細さゆえに

ちょっとしたことで

ひどく落ち込んでしまう

特徴があります。

 

 

 

仕事の事務処理で

ちょっとミスをした、

お客様の名前を読み上げる時

すこし噛んでしまった、

同僚の仕事の手伝いを

うまくできなかった・・・

 

 

 

例えをあげたら

キリがないですが・・・(笑)

他の人からみれば

「えーそんなことで??」ということでも

ひどく落ち込んでしまうんです。

 

 

 

落ち込むだけなら

まだいいかもしれませんが・・

そのあと

他人と自分を比べて

自分へのダメ出しをし始めます。

 

 

 

「あのひとと比べて・・」

「同僚と比べて・・・」

 

 

 

自分は仕事が遅い、

自分は出来が悪い、

容量が悪い・・・

 

 

 

最終的には

「自分って駄目だ」という

自己否定になります。

 

 

 

その結果

自分を嫌いになってしまうんです。

 

 

 

また、もともと

他人との境界線が薄いHSPは

この自己否定のあいまって

さらに確固たる自分を

持てなくなり、

どんどん自分を嫌いになっていってしまいます・・

 

 

 

これはまさに

負のループ。

つらいです・・・

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

HSPの特徴:うまくいかないのは自分のせいだと思い込む

まとめ:敏感な自分を受け止め、他人ではなく、過去の自分と比べるようにする

 

 

 

この負のループから抜け出すには

まず自分が

負の思考回路に飲まれていることに

気づくこと。

 

 

 

そして敏感な自分を

そのまんま受け止めてあげることです。

 

 

 

実際管理人も

このループに飲まれて

毎日自己否定、

自分を大嫌いになってました。

いやこの時期は本当に辛かった・・・

 

 

 

しかし、

敏感な自分を受け止めることによって

客観的な視点を持てるように

なりました。

 

 

 

うまくいかなかったのは

自分だけのせいではない、

そういうこともある、

そんな風に

冷静に考えられるように

なったんです。

 

 

 

また、比較する対象を

過去の自分にすることによって

現在の自分の

すばらしい点に気づくことが

できました。

 

 

 

これは自分を好きになる

第一歩!

いいところを

どんどん褒めてあげるといいです!

 

 

 

ちょっとずつ

思い込みから離れて

敏感な神経を生かして

生きていきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です