HSP体験談:職場の負の雰囲気を感じ取ってしまい、自分まで苦しくなってしまう

LINEで送る
Pocket

 

 

 

敏感で繊細な神経を持っている

HSP。

 

 

 

管理人もHSP気質のため

ここではHSPの特徴や

生きづらさ、楽に生きる方法などを

書いていきました。

 

 

 

今回は、

つい最近あった出来事。

 

 

 

職場の負の空気を

感じ取ってしまって

落ち込んだときのことを

記録していきたいと

思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

HSP体験談:職場の負の雰囲気を感じ取ってしまい、自分まで苦しくなってしまう

なんとなく職場の雰囲気が悪い・・・実際話を聞いてみると・・・

 

 

 

朝職場に出勤し、

通常通り業務を始めます。

 

 

 

すると

なんかピリピリする雰囲気・・

 

 

 

上司の人達の表情も暗い・・

 

 

そしてしばらく見ていない人もいる・・

 

 

 

うーん、これは・・?

(゜-゜)・・・

 

 

いつもと違う雰囲気、

そしてそこに流れる

「負」の感情。

 

 

 

なんというか・・・

仕事が忙しくて

うわ~~~~と

なっている時の

感じではなくて、

もっとどす黒い、

黒いものが

職場に漂っている感じ。

 

 

 

重たくて、

冷たくて、

みんな何か不満を抱えていて、

それを吐き出しきれなくて

漏れ出した不満が

職場の雰囲気の

黒いモノを生み出している・・

 

 

 

そんな風に感じたんです。

 

 

 

それを感じた管理人は

自分まで不満が溜まっている

感じになってしまい、

苦しくなってしまいました・・

 

 

 

その場にいるのもつらい、

気持ちも重い、

モチベーションも下がる、

嫌な部分しか見えない・・・

 

 

 

そんな気持ちに

飲み込まれてしまったんです・・・

 

 

 

実際話を聞いてみると・・

上司たちの間で

いろいろと

意見のすれ違いなどがあり

ごたごたしているようでした・・・

 

 

 

いやー・・

しんどい(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

HSP体験談:職場の負の雰囲気を感じ取ってしまい、自分まで苦しくなってしまう

まとめ:こんな時こそバリアを貼って自分は自分と唱える

 

 

 

こんな時は

自分の周りにバリアを

張るイメージをします。

 

 

 

そして

周りの雰囲気が悪くても

「自分は自分」と唱えて

自分の気持ちを

保ちましょう!

 

 

 

それでも

負の感情に飲まれそうであれば

いったん席を外すのもあり。

 

 

 

また信頼できる同僚に

話をするのもいいです。

 

 

 

とにかく

周りに流されず

自分を保つこと。

 

 

 

これがHSP気質の人にとって

生きやすい方法です!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *