【HSP】人混みの中にいるとぐったりと疲れてしまう、その理由は・・?

LINEで送る
Pocket

 

 

 

通勤の時、

週末のお出かけの時、

たくさんの人がいる中

歩いたりするのって

すっごく疲れる・・・

 

 

 

人口密度が高すぎて

息をするのも苦しい・・

 

 

 

管理人は幼いころから

人混みが大の苦手。

 

 

 

友人と遊んでいても

「早く一人になりたい・・」

「家に帰りたい・・」と

考えてしまうくらい。

 

 

 

今回は人混みの中にいると疲れる、

特にHSPの人は疲れやすいという点について

書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

【HSP】人混みの中にいるとぐったりと疲れてしまう、その理由は・・?

共感性が強いから周りの人の気を吸ってしまう

 

 

 

HSPとは

「Highly sensitive person」の略。

日本語で言うと

敏感過ぎる人、という意味です。

 

 

 

 

人口の5人に1人は

この敏感なHSPと言われています。

 

 

 

 

敏感過ぎる故、

周りの人の気分や感情が

自分の中に流れ混んできて、

自分まで落ち込んでしまうことが

よくあります。

 

 

 

とくに人混みは・・

たくさんの人がいるため

それだけ周りの人の感情や

気分、におい、雰囲気・・

そういったものが

自分の中に流れ込んできやすいんです。

 

 

 

 

このように

他人の感情が

入ってきてしまうため

とっっても疲れてしまうんです。

 

 

 

 

また、人混みは

パーソナルスペースも

狭くなり

他人との距離が

近すぎるため、

余計に他人の影響を

受けやすくなります。

 

 

 

HSPでない方には

分かりにくいかもしれませんが・・・

 

 

 

周りに不機嫌な人がいたり、

具合の悪そうな人がいると、

HSPの人は共感性が強いため

自分まで気分が悪くなってしまうんです・・

 

 

 

 

まるで鏡みたいに

感情がうつる・・・

イメージ伝わるでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

【HSP】人混みの中にいるとぐったりと疲れてしまう、その理由は・・?

まとめ:人混みで疲れたら安心できる場所でゆっくりしよう

 

 

 

管理人は人混みを

見るだけで

かなりぐったりします。

 

 

 

たくさんの人が

うじゃうじゃと・・

それを見るだけで

負のオーラというか、

よからぬ気を吸ってしまいます・・

 

 

 

 

ですので、

通勤の電車の中では

極力寝たり、

本に集中して

人混みを見ないようにしています。

 

 

 

そして自宅に帰ったら・・

とにかく自分の好きなことをして

吸ってしまった負のオーラを

浄化して

疲れを取るようにしています。

 

 

 

これを怠ると・・・

疲れが溜まって

ストレス爆発、

もしくは体調不良になって

しまうんです。

 

 

 

ですので、

人混みで疲れてしまう方は

自分が安心できる場所で

疲れを癒すようにしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *