LINEで送る
Pocket

 

 

 

休日の夜、

管理人はどうしようもない

不安に襲われ、

なかなか寝付けなくなります・・・

 

 

 

理由は・・・

 

 

 

仕事に行きたくない。

 

 

 

 

社会人たるもの(?)

休日の夜は

こう考えてしまうのが

定番ではないでしょうか・・

 

 

 

また仕事が始まるのか~と

思うと

憂鬱の波が止まりません。

 

 

 

この不安がぐるぐる回ってしまう状態。

まさにHSPの性質、

「ぐるぐると考えが巡り

不安から抜け出せない」という

状態に合致します。

 

 

 

今回は

この不安から抜け出せない、

HSPの性質を含めて

書いていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

【HSP体験談】仕事にいくのが嫌で嫌で仕方がない・・その理由って・・???

仕事への不安がぐるぐる回って抜け出せないんだ・・!

 

 

 

HSPは敏感で繊細な神経の持ち主。

いろんな刺激にも弱いため、

非常に疲れやすいという

性質もあります。

また自己否定も

強い傾向にあります。

 

 

 

さて、

休日の夜、

どんな不安に襲われるのか。

仕事に行きたくない、という思いを

深く掘り下げていきます。

 

 

ーーー

<仕事に行きたくない>

どうして?

 

 

 

 

 

・怒られるのが怖い

・ミスが怖い

・職場の人の話を聞くのが億劫

(悪口やら愚痴やら世間話やらすべて)

ーーー

 

 

 

まずは「ミスが怖い」というところから。

人の目を気にしすぎるHSPは

物事を完璧にこなそうとする

傾向があります。

 

 

 

また、小さなころから

「手のかからないいい子」として

育ってきた人は、

自然と人が求めることを

こなそうとします。

それで自分の居場所を

確保しようとしてしまうんです。

 

 

 

まず、人間ですから

誤りがあって当然。

ミスがあっても

「生きている意味がない!」など

深く思い悩まないようにする。

 

 

 

60パーセントできればOK、と

自分を褒めてあげるようにします!

 

 

続いて「職場の人の話を聞くのが億劫」。

かる~い世間話ならいいんですが、

愚痴だったり、悪口だったり・・

 

 

 

そのようなマイナスな話を聞くと

マイナスな気を吸い込んで

ぐっったりしてしまうんです・・

これほんと疲れます・・・。

 

 

 

この場合は

なるべくお話し好きな人には

近寄らないようにする。

もしどうしても

話をする必要があれば、

自分の周りにバリアを貼っていることを

イメージして、

話を深く聞かず

さらっと受け流すようにします。

 

 

 

そして最後の

「怒られるのが怖い」。

 

 

 

管理人の職場は

コールセンター。

時にはクレーム対応を

行うこともあります。

 

 

 

クレームの中には

本当にどうしようもなくて

救いようがないこともありますし、

エンドユーザー側の

問題もたっくさんあります。

 

 

 

そんな中・・

ひどい場合は

個人を否定するような

ひどい暴言を言われる場合があります。

 

 

 

こんな時、

元来自己否定感の強いHSPは

より自己否定を強くします。

 

 

 

自分のせいじゃないのに

「自分のせいで怒らせてしまった」

「自分なんかいないほうがいい」

「消えたい死にたい」、

などなど・・・

 

 

 

ほんとキリがないです。

 

 

 

また、いつどのタイミングで

怒られる=クレームに

当たるか分からないので、

防御のしようがありません。

 

 

 

そう、防御ができないから、

必ず攻撃があってしまうから

仕事が憂鬱で憂鬱で

仕方ないのです。

 

 

 

こればっかりは、

この仕事を続けている限り

避けようがありません。

当たった時に

自分のケアをどうするか、

それが大事になってくるんです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

【HSP体験談】仕事にいくのが嫌で嫌で仕方がない・・その理由って・・???

まとめ:掘り下げていけば悩みや不安でグルグルすることから抜け出せる

 

 

 

このように掘り下げていくと

自分が何に不安になっているのか、

何が怖いのか、

はっきりしていきます。

 

 

 

そのうえで

自分がいかに力みすぎているかが

わかります。

 

 

 

悩みや不安を書きだして

それに対して一つ一つ

対策を立てていくのが

良い方法です。

 

 

 

そして完璧に頑張ってきた人は

60パーセントでOK!と

基準を緩くしてあげることも

とっても良い方法です!

 

 

 

そして・・・

どうしても防ぎきれない

問題については・・・

 

 

 

それに遭遇した後の

自分のケアを

考えてあげる。

放っておいたら

しんどいですし、

負の気持ちが残ったままでは

いつかくすぶって

爆発します。

 

 

 

自分のケアについては

まだ模索中の管理人。

自分の中で

納得する方法が見つかったら

また書いていきたいと思います。

 

 

 

本日はここまでです。

ありがとうございます!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です