LINEで送る
Pocket

 

 

 

敏感で繊細な神経を持っている

HSP、Highly sensitive person。

 

 

 

周りの刺激に繊細で、敏感で。

心の境界線がもろくて、

自己否定が強くて、

疲れやすい・・・

 

 

 

 

5人に1人はHSPと言われており、

圧倒的に人数が少ないHSPは

どうしても生きづらさを

感じてしまいます。

 

 

 

管理人はHSPのため、

どうやって生きたら楽なのか、

HSPの特徴は何か、ということを

ちまちまと書いてきました。

 

 

 

 

その性質、HSPかも?敏感過ぎて生きづらいHSPの特徴とは

 

ビクビクしてちょっとしたことでパニックになる、HSPの特徴とは

 

敏感なHSPが感じやすい「親に支配されている」から逃れる方法とは

 

急に話しかけられるとびっくり仰天!驚きやすい敏感なHSPの特徴とは

 

何かあると考え事から抜け出せない!この罠から抜け出す3つの方法

 

常に誰かに見られている感じる原因と、それを解消するための3つの方法

 

 

 

今回は

HSPと気が付いてから

その後の心境と

生活に変化があったか

その点を書いていきたいと

思います。

 

 

 




 

【体験談】自分がHSPだと気づいてから、その後の生活と心境の変化

気づくことって大切だ。

 

 

 

まず自分が敏感な神経を持っている、

これに気づいて、

受け止めて、

理解する。

 

 

 

これだけでも大きな進歩です・・!

だいぶ生活するのが

楽になりました。

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

・小さなことで凹んでしまう

→敏感ゆえの反応。仕方ない。

自分の性質だから、と

さらっと受け流す。

 

 

 

 

・人混みが苦手

→これも敏感で、

他の人との境界線が薄く、

他人の気が入ってきてしまうから。

 

 

 

意識的に人混みを避けて

動くようになる。

ちょっとでも具合悪くなりそうなら

すぐに休むようになった。

これにより

「どっと疲れて倒れ込んでしまう」ということが

少なくなった。

 

 

 

 

・常に誰かに見られていて

監視されている気がする。

→そう感じちゃうのは仕方ない。

だってそういう体質なんだもん。

 

 

 

でも意外と人って

見てないんだなってことに

気が付く。

だから気にしない方向で進めよう。

 

 

 

 

・ちょっとの物音でも

びっくりしてしまう

→とにかく職場の人に言った。

「集中している時に声かけられると

まじでびびります・・・」

「突然の声かけでびびります」

「それでペースが乱れちゃうんです」

 

 

 

 

本来であれば

こんな弱み、他人に見せたくないものだが・・

公開してみたら

意外とみんな気を使ってくれたんです。

 

 

 

 

そのおかげで

かなり仕事しやすくなりました!

 

 

 




 

 

今のところ大きく感じているのは

このあたりでしょうか・・・

 

 

 

なんにしても

客観的に自分を見てあげること、

これが大事です。

 

 

 

「今しんどいって思ってるな」とか

「人混み歩いて疲れてるな」とか。

 

 

 

心の中に

自分を客観的に見る

もう一人の自分を

持ってあげると

イメージしやすいと思います。

 

 

 

ちなみに管理人は

心の中で

ピカチュウが監視してくれてます(笑)

 

 

 

「今疲れてるぞ!」「もう寝なさい!」など

かわいらしい電気技を添えて

私に注意喚起をしてくれています(笑)

 

 

 




 

【体験談】自分がHSPだと気づいてから、その後の生活と心境の変化

まとめ:まだまだ辛い部分はあるけれど・・・

 

 

 

未だに自己否定は

まだまだあります。

 

 

 

なぜこんなことも・・・

自分なんて・・・

 

 

 

そんな考えに捕らわれた時、

自分を客観的にみる

もう一人の自分(管理人の場合はピカチュウ)が

登場です。

 

 

 

「んなわけあるか~~~!!」

「否定的にみてんじゃね~~~!!」

「生きてるだけで素晴らしい!!」

 

 

 

そう言ってもらって

自己否定の波から

抜け出します。

おかげで悶々とする日が

減りました!

 

 

 

また、生活や心境に

変化があったら

ご報告していきたいと思います!

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

スポンサードリンク









LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です