LINEで送る
Pocket

 

 

 

自分がHSPであると気づいた時から

自分の思考について

考えるようになりました。

 

 

 

こういう場面で

自分はどう考えるのか、

どう思うのか、

普段の何気ない行動の中でも

どんな思考があって

動いているのか。

 

 

 

自分を

詳しく見つめなおしています。

 

 

 

そんな中で気が付いたのが

「日常生活のふとした行動の中でも

自己否定が原因で動いている時がある」

このことに気が付きました。

 

 

 

日常生活でも

自己否定をするほど

自分を否定することが

当たり前になっていたんです。

 

 

 

今回は

管理人が

日常生活の中で

「自己否定」から動いている

行動について

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

無意識に自己否定している?日常生活でのやりがちな自己否定の3つの場面

根底にあるのは「どうせ自分はこんなやつだから・・」という自己否定

 

 

 

根底にあるのは

「自分はどうせ

こんなやつだから・・・」という

自己否定の考え。

 

 

 

自分なんて生きていても

仕方ない・・・

存在している価値もない・・

人の役に立たなければ

生きている意味がない・・・

 

 

 

もうまさに自己肯定感0、

自分を否定してばかりの

言葉のオンパレードです・・

 

 

 

こうやって

文字にすると

ひどい言葉ですね・・・

 

 

 

この自己否定の考えで

動いているのが

主に下記の3つの場面。

 

 

 

●エレベーターで

降りる時に

無意識に「開」ボタンを押して

周りの人が降りるのを

待っている

 

 

 

●信号がない交差点で

車が近くに来ていたら

車を先に通す

 

 

 

●道を歩いている時、

自分に非はないが

ぶつかりそうになると

「すいません」と

言ってしまう

 

 

 

( ゚д゚)ポカーン

 

 

 

いやーひどいですね・・

「危ないから」とか

「人に対する思いやり」とか

そんなんじゃなく

「自分はこうでもしないと

生きている意味がないので

お譲りします」という考え。
 

 

 

悲しいったらないです・・・

 

 

 

もしかしたら

この3つの場面以外でも

自己否定からの

行動があると思われます。

 

 

 

それはきっと

自分ひとりの時ではなく

他の人がいる場面だと

考えます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

無意識に自己否定している?日常生活でのやりがちな自己否定の3つの場面

まとめ:自己肯定感を少しずつ上げて無意識の自己否定を減らしたい・・!

 

 

 

こんなに

無意識に

自己否定しているとは

正直びっくりです。

 

 

 

無意識に考えているから

治すのは

相当時間がかかるでしょう・・

 

 

 

ですので、

「自己肯定感を上げて

否定する暇をなくせば

いいんじゃね??」と

管理人は考えています。

 

 

 

とにかく

自分は素晴らしい存在である!

ということを

自分にしみこませるんです。

 

 

 

そうすれば

否定する暇もなくなる

・・・はず!!

 

 

 

チャレンジしてみようと

思います・・!

だって

こんなひどい言葉を

自分に対して

言っているなんで

とてもつらいですから。

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です