LINEで送る
Pocket

 

 

 

仕事をしている時、

あることに気が付きました。

 

 

 

 

歯にやたらと

力が入っていない?

 

 

 

一つの業務を終えて

ふっと力を抜くと

何故が左側の歯に

痛みが・・・

 

 

 

そしてよくよく観察すると

ちょっと頬っぺたにも

力が入っている感じがする・・・

 

 

 

これ無意識に

歯を食いしばっているのでは

ないか!?

 

 

 

そう思った管理人は

自分を客観的に観察!

 

 

 

そうしたらやはり

歯を食いしばっていました・・

 

 

 

そこで今回は

無意識に歯を

食いしばる理由と

身体への影響について

ご紹介します!

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

気が付くと歯を食いしばっている・・・その理由と体への影響とは?

理由はストレスと過度の緊張かも

 

 

 

歯を食いしばる時って、

何かやるときに

力を出すため、とか、

何かに耐える時に

ぐっと力を込める時ですよね。

 

 

 

それが日常の生活の中に

ちょいちょい行われていたことが

わかりました。

 

 

 

<管理人が歯を食いしばるタイミング>

・主に仕事中

・苦手な業務をやっている時

・満員電車など

たくさんの人に囲まれている時

・周りからの刺激を

受けやすい時

(疲れが溜まっている、生理前など・・)

 

 

 

 

 

<歯を食いしばることで現れる

身体への影響>

・歯が痛くなる

・やり過ぎると歯がすり減る、

欠ける、ヒビが入る

・歯茎にも痛くなる

・肩がこる

 

 

 

 

・・・・

恐ろしい・・・w

 

 

 

 

やはりストレスと

過度の緊張が原因のよう。

 

 

 

仕事中、

管理人は

緊張しており

無意識に力が入って

しまいます。

 

 

 

またクレーム対応などをしていると

どうしても

耐え忍ばねばならない場面が

出てくるので

ぐっとこらえる

=歯を食いしばることが

多くなります。

 

 

 

 

また、たくさんの人が

いる場所に行くと、

それだけで

大きなストレスと

刺激を吸収してしまうので

自然と耐え忍ぶ態勢になり

歯を食いしばってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

気が付くと歯を食いしばっている・・・その理由と体への影響とは?

まとめ:どうしても力が入ってしまうならストレッチなどを行って脱力!

 

 

 

歯を食いしばってしまうのが

緊張やストレスよるものであれば、

緊張やストレスを

軽減してあげれば

自然と食いしばるタイミングや

食いしばる力が

緩くなります。

 

 

 

例えば仕事中は

定期的にストレッチをしたり、

席を立つように心がける。

あと深呼吸も忘れない。

 

 

 

また、日々の生活の中で

上下の歯がくっつかないように

していれば

歯をくいしばることが

減りますよね!

 

 

 

ちょっとした意識の変化で

この癖は治せると

管理人は考えます!

 

 

 

最近ちょっと

歯を食いしばりすぎなので

身体と心の緊張を

解きほぐすように

していきたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です