LINEで送る
Pocket

↑緑の島特設ステージ解体中

 

 

 

先日開催された

GLAY ✕ HOKKAIDO 150

GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3。

 

 

 

その際管理人は

友人と共に参加しました。

 

 

 

このとき、

心屋さんが仰っている

前者・後者を

身をもって体験しました。

 

 

 

その記録を残していきたいと

思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

【体験談】前者・後者の性質を身をもって体験。その記録!

それぞれの個性を生かして持ちつ持たれつで生きるのか

ぬい撮りを楽しみながら観光☆

 

 

 

■【永久保存版・全体概要】前者・後者は世界を救う?! 前者後者ってなんだ?

 

 

 

前者・後者とは

心屋さんが

人が生きやすくなるために

人の元来の性質を

書き分けた概念。

 

 

 

心屋さんの書籍にも

たくさん書かれています。

 

 

 

簡単にいうと

 

 

前者:空気が読め、理解、理論、表現、処理能力が比較的高い マルチタイプ

 

後者:天然、癒し系、言葉をストレートに受ける 集中タイプ

 

 

引用:心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」

 

 

 

という感じになります。

 

 

 

この前者後者が

自分の性質をしり

行動していけば

世の中うまく回るのです。

 

 

 

そしてLIVE後の観光を通して

友人と管理人が

前者後者にぴったり当てはまっていることに

気が付きました。

 

 

 

友人はアクティブなオタクで

管理人はインドアなオタク。

 

 

 

正直管理人は

カラオケでも行って

帰りのバスが来るまで

GLAYを歌っていようか・・

と考えていました。

 

 

 

しかし、この前者気質の友人の誘いにより

函館をぐるぐるっと

観光することになったのです。

 

 

 

友人は

函館の観光ルート、

自分が行きたい場所をしっかり把握、

どう行けば効率的かしっかり考えていました。

 

 

 

また昼食のタイミングについても

ああしよう、こうしようと

提案をしてくれて

とっても気楽に観光することができました。

 

 

 

また、管理人はその日

どうにも体調が悪くて・・

定期的にトイレによることをお願いしたり、

ちょっと寄りたいところがあれば

素直にお願い。

 

 

 

そんな要望をさらっと受け入れ、

ちょっとした予定変更も

さらりと受け入れ、

予定通りの観光をするのでした。

 

 

 

単純に「この子やっぱすげーな」と

思いました。

しっかりGLAYアプリの

情報を見ながら

自分の行きたい神社の位置を把握。

管理人の体調まで気遣ってくれて

こんなマルチでいろいろ考えていて

疲れないのかと思うくらい(笑)

 

 

 

管理人は

「観光に関しては

彼女に任せた方がいい」と思い

ルートに関しても

すべて彼女に任せました。

 

 

 

おかげで管理人も

ぬい撮りしながら

函館観光をすることができました。

めちゃくちゃ楽しかったです!

 

 

 

■前者・後者のそれぞれの役割

前者は、努力しなくても比較的マルチに仕事を同時にこなすこともできる秀才タイプ、後者はトレーニングによってそこまでなることも可能だが、基本的には何か一点に集中する天才タイプ。また、後者は「決められたこと」「決められた手順」を反復して覚えることができるので、「学校の勉強・成績」は良かったりする。

傾向としては、前者は後者を助け、後者は前者に助けられて、それぞれの能力を発揮するようにできていて、後者はときに前者の常識の枠を壊すような能力を発揮したり、前者を癒すこともある。

とはいえ、前者は後者の世話をするばかりでなく、そのなかでも「したいことはする」「いやなことはしない」ことで、前者本来の生き方となり、世話をすることに負担を感じる必要もない。

後者も前者を頼りながら「したいことをして、したくないことは任せる」というスタンスで、輪が、和が出来上がるのです。

 

引用:心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」

 

 

 

まさに友人と管理人は

こんな感じでした。

 

 

 

友人は観光ルートを

綿密に考え、

管理人はそれに乗って

ぬい撮りを楽しむ・・

 

 

 

こんなに人といて

気が楽なのは

久しぶりでした!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

【体験談】前者・後者の性質を身をもって体験。その記録!

まとめ:したいことをやってしなくないことを任せる。そうすればうまく回る

マンホールもとっても函館☆

 

 

 

後者気質の強い管理人は

「周りの人のようにできなければだめ」と

強く思い込んでおり、

それができない自分を

強く否定していました。

 

 

 

しかし、

心屋さんの

前者・後者論に出会い

世界が変わりました。

 

 

 

苦手なモノは任せ

自分のしたいことをする。

 

 

 

これほど気が楽なモノはないです。

 

 

 

また、今回の友人との観光も

とても楽しく回ることができました!

 

 

 

 

世の中って考え方を知るだけで

かなり変わるものなんですね。

 

 

 

ぜひ心屋さんの

前者後者論、

ご覧になってください!

 

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です