LINEで送る
Pocket

 

 

 

 

デスクワークをしていると

気になるのが

貧乏ゆすり。

 

 

 

座っている状態で

足を上下に動かすことを言い、

日本では

人がやっていると

「またあの人貧乏ゆすりして・・・」と

マイナスイメージに

捕らわれがちですよね。

 

 

 

 

確かに管理人も

隣の人が貧乏ゆすりしていると

視界に入って

気になってしまいます。

 

 

 

しかし、この貧乏ゆすり、

実は体にいいことを

ご存知でしょうか?

 

 

 

今回は

隠された

貧乏ゆすりの

メリットを

ご紹介します!

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

貧乏ゆすりは体にいい!?貧乏ゆすりの隠れた3つのメリットとは!?

ふくらはぎを動かすから血流がよくなる!

 

 

 

 

貧乏ゆすり、

座った状態で

足を上下に動かす・・・

 

 

 

こうすると

ふくらはぎを

動かすことになります。

 

 

 

ふくらはぎは

血の流れを促すための

重要な筋肉です。

 

 

 

この筋肉を動かすことにより、

血流がよくなります!

 

 

 

また、筋肉を鍛えることにも繋がり、

血流の良化に

繋がります!

 

 

 

<貧乏ゆすりすること得られる3つのメリット>

 

●足の血流が良くなる

ふくらはぎを

動かすことにより

足の血流が良くなります。

 

 

 

心臓から出てきた血液が

足の先まで行って、

ふくらはぎの

ポンプ機能を使って

また心臓に戻る。

 

 

 

これが人間の血流の流れ。

 

 

 

血流が悪いと

身体が冷えたり、

太りやすくなったりしてしまうんです。

 

 

 

 

●体の冷えを解消できる

貧乏ゆすりでふくらはぎを動かす

血流が良くなる

血が全身を巡り

身体の冷えが解消する

 

 

 

血流って本当に大事なんですね・・

実際、

冷房がきつくかかっていた

職場で

貧乏ゆすりをしてみたところ、

血流が良くなったためか

身体がぽかぽかと

温まってきました。

 

 

 

流れをよくするだけで

身体の体温が上がります。

ぜひ積極的に

やっていきましょう!

 

 

 

●エコノミー症候群になることを防ぐ

海外旅行で長時間飛行機に乗ると

ずっっと同じ姿勢でいるため、

下半身の血の流れが悪くなり、

血栓ができる。

この血栓が

肺に入って肺塞栓が起きてしまう。

 

 

 

これがエコノミー症候群です。

 

 

 

エコノミー症候群を

避けるためには

やはり貧乏ゆすりがよいです。

 

 

 

ふくらはぎを

動かすことにより

血流をよくすることができるので

血栓ができる、という心配が

なくなります。

 

 

 

エコノミー症候群は

飛行機だけでなく

デスクワークでも

十分発症しうる

可能性があると考えられます。

 

 

 

長時間同じ姿勢でいるのではなく

定期的に体を動かすようにしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

貧乏ゆすりは体にいい!?貧乏ゆすりの隠れた3つのメリットとは!?

まとめ;貧乏ゆすりのメリットが広まれば、貧乏ゆすりに対する考えも変わるのでは?

 

 

 

こんなにメリットがある

貧乏ゆすり!

 

 

 

これはぜひ

試してみるのがいい!

 

 

 

この貧乏ゆすりの

メリットがもっと広まれば、

「あの人貧乏ゆすりしてる・・」という

偏見がなくなるのでは

ないでしょうか?

 

 

 

貧乏ゆすりには

大きなメリットがあることが広まり、

マイナス視点で見られなくなる日が

来ることを願っています!

 

 

 

スポンサーリンク




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です