【アニポケSM感想】物語が動く…!?家族のカタチ、ベベノムの気持ち!の感想

LINEで送る
Pocket

 

 

 

 

 

 

8月2日に放送された

アニメポケットモンスター

サン&ムーン。

 

 

 

この回では

ベベノムの気持ちが

描かれていました!

 

 

 

そして・・・

ベベノムがいた世界についても・・

 

 

 

物語が動きそうな予感!

 

 

 

今回は

「家族のカタチ!ベベノムの気持ち!」の

感想を述べていきます!

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

【アニポケSM感想】物語が動く…!?家族のカタチ、ベベノムの気持ち!の感想

「好き好き大好き!」と「悲しい悲しい悲しい」

 

 

 

この回で

ベベノムは

大好きなお絵かきを

いっぱいやっています。

 

 

 

サトシたちが特訓しているところ

砂浜にピカチュウを描いたり。

研究所の壁にお絵かきしたり。

 

 

 

そのお絵かきの横には

とあるマークが・・・

 

 

 

マツリカさんによれば

青いインクで書かれた

電気のようなマークは

「好き、好き、大好き!」を

意味しているとのこと。

 

 

 

ピカチュウを描いたときは

横に好き好き大好きマークを、

マツリカさんが

サトシのアローラの家族の絵を見たときも

地面にたくさんの

好き好き大好きマークを。

 

 

 

 

そして研究所で

バーネット博士やククイ博士も含めて

家族みんなを描いた時も

好き好き大好きマークを・・・

 

 

 

 

大好きな人達を描いたときは

青インクで

好き好き大好きマークを描くのでした。

 

 

 

その様子をみたサトシは

「すごいぞベベノム!

気持ちを描けるなんて!!」

めいっぱい褒めるのでした。

 

 

 

 

その一方で・・・

 

 

 

家族の絵を描いた夜。

ベベノムは夢を見ます。

 

 

 

それが、

ベベノムのいた世界のこと。

 

 

 

真っ暗で光のない世界。

たくさんのベベノムが集まり、

アーゴヨンを囲っています。

 

 

 

このアーゴヨンが

少し具合が悪そう・・・

なんだかつらそうな様子。

 

 

 

それを夢見たベベノムは

夜中一人起きて、

外に出て涙するのでした・・・

 

 

 

その悲しみは

朝、ポケモンスクールに行っても

変わらなくって・・・

 

 

 

ベベノムは

夢中になって黒板に

絵を描き続けるのです。

 

 

 

大好きなピカチュウと

ベベノム自身。

そして赤いインクで

涙のマーク。

 

 

 

マツリカさんも言ってましたが、

このマークはサトシたちも察していた通り

「悲しい」気持ちだったのです。

 

 

 

ベベノムは

自分の世界にいる

仲間とアーゴヨンを思い出して

悲しい気持ちになったのです。

 

 

 

このアーゴヨン達がいる世界。

真っ暗で光のない世界。

 

 

 

これはネクロズマに光を奪われたのか・・

それとも

ネクロズマに何かあって

光が無くなってしまったのか・・・

 

 

 

理由が気になるところです・・・。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

【アニポケSM感想】物語が動く…!?家族のカタチ、ベベノムの気持ち!の感想

まとめ:ベベノムが背負う使命とは

↑アローラの家族が好き好き大好き!

 

 

 

OPの映像、

アセロラちゃんの

図書館で本を見た印象、

そして今回の放送の最後で

壁にかがやきさまと

好き好き大好きマークを

描いていることから、

ベベノムは

かがやきさま=ネクロズマに対して

好意的な印象を持っていると

考えられます。

 

 

 

そうすると

ネクロズマが

ベベノムの世界の光を

奪ったとは考えにくい・・・

 

 

 

となると

別の要因で

光が奪われてしまったのか・・・

 

 

 

その要因とは・・?

そしてベベノムが

一人ウルトラホールを越えて

アローラにきた理由は・・

 

 

 

 

いろんな謎を残した

重要な回でした!

 

 

 

ベベノム編、

物語が大きく

動きそうですね!

 

 

 

スポンサーリンク




LINEで送る
Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *