LINEで送る
Pocket

 

 

 

ふとしたことが原因で

カーッと

体の中から

怒りが湧いてきて

爆発しまう時はありませんか?

 

 

 

そしてその怒りで、

周りに強く当たってしまったことは

ないでしょうか?

 

 

 

実はこの怒り、

ある方法を試すことによって

自分でコントロールすることが

できるのです。

 

 

 

今回は

怒りをコントロールする方法、

アンガーマネジメントについて

ご紹介したいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

怒りはこうやって抑えよう!アンガ―マネジメントによる6秒のルール

そもそも怒り(アンガー)ってなんだろう?

 

 

 

怒りという感情は

動物が自分の身の

危険を感じた時に

感じる感情で、

生死に関わる行動を

起こさせる重要な感情です。

 

 

 

また、

怒りは二次感情であると

言われています。

 

 

 

例えば

「自分の信念が

否定された」と感じると、

不安や悲しさ、

悔しさなどの

一次感情が生まれます。

 

 

 

これらの感情を

うまく処理できていれば

良いのですが、

一次感情が解消されないと、

この感情が

二次感情である

怒りへと

成長していきます。

 

 

 

そうすると

周囲の人に対して

攻撃的な行動をとってしまうのです。

 

 

 

そしてこの怒りを

溜め込んでしまうと、

体にも影響が出て

不眠症や食べ過ぎなどにも

つながってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

怒りはこうやって抑えよう!アンガ―マネジメントによる6秒のルール

怒りは6秒しか続かない!これを利用して怒りを乗り越える!

 

 

 

この怒りという感情は

「6秒しか続かない」

言われています。

 

 

 

つまりカッと怒りを感じた直後は、

出てくる言葉は

攻撃的な言葉になっていますが、

6秒が経過していると

怒りという感情が収まり、

柔らかい言葉が

出てくるようになっているのです。

 

 

 

日頃イライラしやすくて、

攻撃的な言葉を

使ってしまいがちな方は、

怒りを感じたときに

まず6秒間、

耐え抜いてみましょう。

 

 

 

そうすると

怒りが落ち着いて

攻撃的な言葉を使わなくて

済むようになります。

 

 

 

またどうしても

6秒間じっと耐え抜くことが

困難な場合には、

深呼吸をするようにしましょう。

 

 

 

怒りを感じた時に、

ゆっくり吸って吐いて。

これを2ー3回。

 

 

 

これだけで

すぐに6秒は過ぎていますし、

またカッとなっている感情も

落ち着いてきます。

 

 

 

そうすると

攻撃的な言葉を

吐き出さなくても

済むようになります。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

怒りはこうやって抑えよう!アンガ―マネジメントによる6秒のルール

怒りをコントロールするためにやっておきたい3つのこと

 

 

 

この怒りの6秒間のルール以外にも

別の方法で

怒りをコントロールすることが

できます。

 

 

 

最後に

その方法を

3つ紹介します。

 

 

 

1・イライラを書き出す

なんとなくイライラする、

なんとなく怒りを感じる、

そんな時は

その要因を

紙に書き出してみましょう。

 

 

 

頭の中で

漠然とした状態で

怒りが残っていると、

それがくすぶって

大きなストレスになっていきます。

 

 

 

ですが、

紙に書き出すことによって

怒りを正確に把握できるようになり、

また、

自分がどういう時に

イライラしたり

怒ったりするのか

パターンが分かるようになります

 

 

 

パターンがわかることによって

怒りを感じたときの

対策を練ることも

できるようになりますので、

これはやってみる価値ありです!

 

 

 

2・たくさんの価値観があるということを理解する

社会で生きていると

自分の価値観とは合わない人が

たくさんいて、

どうしても

イライラしてしまうことが

あると思います。

 

 

 

ですが、

人の価値観は十人十色です、

完全に同じ価値観の人は

いないと思います。

 

 

 

どうしても

価値観が合わない人がいる場合は、

「どうして価値観が

合わないんだろう」と

考えるのではなく、

「へーそういう考えなんだ」と

思うようにしてみましょう。

 

 

 

これだけでも

だいぶ受け入れることが

できるはずです。

簡単にできるので、

おすすめです。

 

 

 

3・白黒をつけないグレーを認める

管理人もそうなのですが、

物事は白黒をはっきりさせないと

すっきりしないタイプでした。

 

 

 

ですが

白黒はっきりできない

物事の方が

非常にたくさんあります。

 

 

 

ブラックとホワイトだけでなく、

その中間の

グレーの物事もあるということを

認めていきましょう。

 

 

 

この時も

「へーグレーなんだ、オッケー」と

受け入れてあげると良いです!

 

 

 

怒りはこうやって抑えよう!アンガ―マネジメントによる6秒のルール

まとめ:怒りをコントロールしてストレスを減らそう!

 

 

 

管理人も

最近始めた

アンガーマネジメント、

これを実践することによって

大分仕事上のストレスを

感じることが減ってきました。

 

 

 

特に

たくさんの価値観があること、

また物事には

白黒をつけられない

グレーのものもあるということを

認めたことによって

かなり生活しやすくなってきています。

 

 

 

日頃イライラして

職場の人ともめてしまうなど、

怒りやイライラによる

問題を抱えている方は、

ぜひアンガーマネジメントを試してみて下さい!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です